ディズニーシーが最高にいい
ディズニーシーが最高にいい
ホーム > 交際クラブ > 妥協と言う交際クラブ

妥協と言う交際クラブ

誰でもいいから交際したいという考え方はあまり良くないでしょう。もちろん年を取ると妥協と言う事を知りますけど、まあピン切りもその人の勝手ですけど、それでは満足感も非常に低いものになってしまいます。ある程度難しい事に挑戦するからこそやり遂げたという思いを持てるのです。男性であれば美しい女性と交際するというのは一つの目的になるでしょう。またお金があったらどうでしょうか、そうなるといままで努力してきた自分へのご褒美に綺麗な女性と交際したいとも思ってしまいます。不細工な女性とつき合っていてもそんなに楽しくはないですからね。しかもそういう女性に限って我儘だったりするからどうしようもありません。せめてクラスで1番か2番くらいの女性は狙っていきたいですね。本心では最低でも学年で1番美しい女性というぐらいのレベルが望ましいです。もちろん理想を言えばそれ以上という事になりますが、自分自身の魅力というものも関係してきますから現実的なレベルとしてはこれぐらいが限度でしょう。ただ理想と現実はギャップがあるもので学生時代はそのクラスの20番にもいかないレベルの女性が言い寄ってきてました。そこはどういう訳か妥協してしまい少し付き合ってしまいました。顔は笑うとかわいいのですが体がおデブちゃんでして何故か会話をしていると話しやすくていつも休み時間に話をしているようになってました。途中から交換日記を始めてみたのですがこれも今思い返してみてもなかなか楽しかったのです。たぶん相性がすごく合っていたんだなあと思っています。男女の交際においてレバルの高い美しい女性も望みなのですがこのハイレベルの女性は交際していくとかなりのストレスがかかってしまいます。これが少しレベルを落として付き合うと、それはそれで気楽に交際が運んでしまい気を使うことがあまりありません。よって男女の交際においてのベストはレベルと相性のバランスが一番重要になってくるのではないでしょうか、この二つの要素に加えて後は男性の本来の好みやタイプの顔であるかが重要ではないでしょうか、男性にとって一番大事なのは積極性です。とにかくしつこいぐらい積極的に前に出るようにしてください。何度か繰り返していれば確率的に考えても交際できるようになるはずです。 

東京の新宿、渋谷、恵比寿、六本木、銀座のデートクラブや交際クラブ、交際倶楽部や愛人クラブ